大学受験でもっとも大変な、医学部

大学受験の最難関は医学部 大学受験で、偏差値の高い難関大学と比べても、もっとも難しい学部と言われているのが医学部です。
理系の中では、もっとも難しい学部であることは間違いないですが、今の大学受験の状況を考えると、中堅以下の医学部でさえ難関大学の他の理系学部よりは難しくなっていると言えるでしょう。
偏差値が高いだけでなく、受験科目が多いことも、医学部が難しい理由でもあります。
理系でありながら英語は必須ですし、小論文が課されることも珍しくはないので、文系科目にも強くないと合格は望めません。
さらに、近年では経済の悪化により、安定志向が高まっているので、有資格職や医療職への志望者が増えています。
そのため、受験倍率が高くなっていて、医者を志すという人だけでなく、偏差値の高い理系生徒も受験する人が増えています。
ですから、数学や物理、化学や英語などのたくさんの科目を勉強するだけでなく、どの科目も取りこぼさないだけの学力が満遍なく必要になってくるのです。

大学受験の最難関は医学部だと言われている

大学受験の最難関は医学部だと言われている 大学受験では、理系の最難関は医学部だと言われています。
理学部、工学部、農学部などの他の学部と比べて、偏差値に大きな差があります。
文系の場合には、法学部が難しいと言われていますが、経済学部、経営学部、文学部などと比べて、それほど大きな差はないようです。
総合的に、すべての学部の中で、医学部が飛びぬけて難しく、すべての学部の最難関であると言えるでしょう。
ケースバイケースとなりますが、一般的には、難関国立大学の理学部や工学部に合格するよりも、地方の国立大学の医学部に合格するほうがはるかに難易度は高いと言われています。
大学の偏差値の差は、あまりあてにならないと考えておきましょう。
合格ラインについても、他の学部なら二次試験で7割とれば合格ラインは超えているケースが多いですが、医学部に関しては、7割をとっただけでは安心できず、8割以上はとらないと合格ラインには達していないケースも多いです。
センター試験でも高得点を取る必要があります。