医学部受験のための環境

医学部受験のための環境 医学部は他の学部に比べて高い学力を必要とします。更に倍率は群を抜く高さがあります。その中で勝ち抜いて合格をつかみ取るにはとても大変なことと言えます。医者を目指す場合には、できるだけ早い段階でその環境を整える必要があります。高校での基礎学力はもちろん、応用力、発展力を必要とするので、学校でしっかり学ぶほか予備校などに通うことも必要と言えます。
医学部に特化している予備校は、医学部ならではのノウハウ、情報力が高く、偏差値を引き上げる細やかなカリキュラムが整っています。受験に向かう気持ちを作り、同じ志を持つ仲間たちと切磋琢磨しながら合格に向けて努力していく、その環境は重要です。また医者になりたいという気持ちを持った時点で家族の応援やそのサポートの大きな力となります。医学部は学費も高いことが多いので費用面でのバックアップもとても大切なのでそうした条件も必要になります。現役で合格するためには全体に合格するんだという気持ちで日々勉強に励む、その気持ちを持続できるようにしていくことが大切です。

医学部受験、どの学校を選ぶのが良いのか。偏差値だけで決めるな

医学部受験、どの学校を選ぶのが良いのか。偏差値だけで決めるな 医学部を受験するときに、どの学校を受験するか迷うでしょう。偏差値が高い学校の方が国家試験の合格率が良いのではないか、と思う人も多いかもしれませんが、これがそうとは限らないのです。偏差値はそれほど高くなくても国家試験の合格率が高い医科大学や医学部もあります。関西にある私立の医科大学がその一つですが、その原因は、おそらく患者さんが臨床実習などに非常に協力的だからではないかと言われています。
医学生が診察の実習をするときは、地域の住民からボランティアを募って患者役をやってもらい、率直に診察の際の話し方や態度などの良くない点を指摘してもらいます。他の地域ではなかなか集まりにくいこのボランティアも、関西特有のノリの良さが一因なのか、関西では集まりやすいそうです。また、ベッドサイドでの実習の際も、学生が尋ねていないことまでいろいろと教えてくれるのが関西人です。ご本人の病気のこと以外に、自分の妻や夫や祖父母の病気のことまで教えてくれます。このプラスアルファが大きいようです。だから、関西の医学部は偏差値が低くても国家試験の合格率が高い所が多いと言われています。
そして、偏差値ではなくテレビで見た尊敬できる教授がいる大学を選ぶという選び方も一方法です。尊敬できる医師がいる所で学ぶ方が入学後の士気を高めます。偏差値の高い所イコール国家試験の合格率も高いとは限らない、ということを知っておきましょう。