学費が安く済む医学部受験について

学費が安く済む医学部受験 私立大学の医学部は卒業するまでの6年間で、安い大学でも二千数百万円から、高い大学になると四千万円以上かかります。
各大学ともに大学病院をかかえ、長時間の授業と実習や研修が必要となるだけに、それだけの授業料がかかることも理解できます。
いっぽうで、国立、公立大学の医学部の授業料は、おおよそ三百万円から四百万円の金額ですみます。
明らかに、国公立大学の医学部に入学することが、学費面では確実に安くなります。金額面では2千万円~3千万円ほど違ってきます。
学費の安さを考えると、自治医科大学があります。私立大学に該当します。6年間の学費は2200万円程度でになりますが、この金額は、在学中は貸与されます。卒業後9年間指定された公立病院等に勤務した場合は、その返還義務が免除されます。
他にも、防衛医科大学校があります。防衛医科大学校は入学金と授業料は無料です。さらに、毎月の学生手当と年2回の期末手当が受け取れます。一番安くすむ医学部です。

推薦による国公立大学の医学部受験

推薦による国公立大学の医学部受験 現役生が持つ医学部受験の強みには推薦入試が利用できることがあります。
センター試験の結果と高校から提出される通知表から学力を推し量り、あとは面接やグループワーク、小論文を通して人間性やコミュニケーション能力、理解力や表現力などマークシートでは表せない部分を特に見て合格かどうかを判断します。
最大の特徴は高校3年生卒業見込みか、対象者が広くても卒後1年目までの学生しか推薦を受験できない大学が多いため、医学部を目指して浪人している学生と競り合う必要がないということに一定の強みがあります。
一方で、評定平均が一定以上存在しないと受験できないなど、高校時代の継続した努力によって優劣が推し量られてしまうことにも注意しなくてはなりません。
学力を直接に見られない分、評定平均も高く課外活動を立派に取り組んできた学生だけが受けられるただ一度のご褒美のようなチャンスです。
推薦入試も狭き門ではありますが、可能である限り受けるべきでしょう。